ESG推進のための社内体制

ESG推進会議とESG推進部会

NBFMの定める「ESGに関する取り組み指針」に基づいた気候変動関連を含めた環境配慮・社会配慮への取り組みの監督・ 推進を行うため、最終的な決定権限者であるNBFMの代表取締役社長を含めた「ESG推進会議」(以下、「推進会議」といいます。)と推進会議の下部組織である「ESG推進部会」(以下、「推進部会」といいます。)が組織されています。推進部会による定例会議は、3ヶ月に1度以上の頻度で開催され、 ESGに係るリスク及び機会を把握し、CO₂削減などの数値目標やその実現のための具体的な実施事項を6ケ月に1度以上の頻度で開催される推進会議に諮り、推進会議において最終決定権限者が具体的な目標、実施事項等を決定します。推進部会は、決定された目標、実施事項等に関する進捗報告や達成状況を年に1度以上推進会議に報告します。
また、決定された目標や実施事項は、全役職員に対し説明会の開催、共有フォルダー又はメール等への掲載により、その内容が共有されます。

コーポレート・ガバナンス/コンプライアンス体制

資産運用業務を受託するNBFMにおいては、コンプライアンス委員会、リスク管理会議、運用審査会議、経営会議等のガバナンス・ストラクチャーを構築し、業務におけるリスク管理・コンプライアンスを徹底、コーポレート・ガバナンスの継続的な改善、向上に努めています。

https://esg.nbf-m.com/ja/governance/structure.html

  1. ホーム
  2. NBFのESGの考え方
  3. ESG推進のための社内体制