グリーンファイナンス

グリーンファイナンスに向けた取り組み

NBFはグリーンファイナンス・フレームワークを策定し、年間100億円以上のグリーンファイナンスの調達を目指します。

グリーンファイナンス・フレームワークの概要

1.調達資金の使途

適格クライテリアを満たす資産(以下、「グリーン適格資産」)の取得資金、又は取得に要した借入金の返済資金、及び投資法人債(グリーンボンドを含 む)の償還資金に充当します。

2.適格クライテリアについて

第三者認証機関の認証のいずれかを取得済又は取得予定の資産のことをいいます。

  • DBJ Green Building認証における5つ星、4つ星又は3つ星
  • BELS認証における5つ星、4つ星又は3つ星
  • CASBEE不動産評価認証におけるS、A又はB+ランク

3.プロジェクトの評価及び選定

NBF及びNBFMの投資本部不動産投資部によって候補となるプロジェクトが選定され、各部長以上で構成される運用審査会議に よる審議及び経営会議での審議を経て、社長の決裁によってプロジェクトが最終選定されます。

4.調達資金の管理

NBFの調達資金は、ポートフォリオ・アプローチで管理されます。NBFM の投資本部ファイナンス部がグリーンファイナンスの残高が存在する限り、年次でグリーンファイナンスの残高がグリーン適格資産の取得価格の合計を超過しないよう確認します。未充当資金については、現金又は現金同等物にて管理されます。

5.レポーティング

NBFは年に一度、以下の項目をwebサイトにおいて開示します。

  • グリーン適格資産の物件名及び取得価格の合計額
  • グリーン適格負債額
  • グリーンファイナンス残高
  • グリーン適格資産のグリーンビルディング認証の種類及びランク※1
  • ポートフォリオ全体の環境パフォーマンス実績等※2
  • グリーン適格資産のグリ ーンビルディング認証の種類及びランクについてはこちら
  • ポートフォリオ全体の環境パフォーマンス実績等はこちら

2022年11月1日時点

グリーン適格資産の取得価格の合計額 13,012億円
グリーン適格負債額 13,012億円
グリーンファイナンス残高 400億円

NBFのグリーンファイナンスに関する資金充当状況は以下の通りです。

グリーンファイナンス 400億円
 うちグリーンボンド 50億円
 うちグリーンローン 350億円

グリーンボンド発行概要

銘柄 発行総額 利率(%) 発行日 償還期限 資金充当対象
第20回 無担保投資法人債 50億円 0.150% 2021年3月22日 2026年3月19日 大崎ブライトタワー、
名古屋三井ビルディング新館、
名古屋三井ビルディング本館

グリーンローン概要

金融機関名 残高 利率(%) 借入日 返済期限 資金充当対象
日本生命保険 50億円 0.425% 2022年3月23日 2032年1月30日 飯田橋グラン・ブルーム(追加取得)
三井住友信託銀行 50億円 0.450% 2022年3月30日 2032年3月30日
みずほ銀行 100億円 変動金利* 2022年5月27日 2032年5月27日
群馬銀行 10億円 0.539% 2022年10月31日 2029年10月31日 豊洲ベイサイドクロスタワー
滋賀銀行 10億円 0.616% 2030年10月31日
農林中央金庫 10億円 0.616% 2030年10月31日
日本生命保険 50億円 0.712% 2032年4月30日
滋賀銀行 10億円 0.767% 2032年10月29日
山口銀行 10億円 0.855% 2033年10月31日
住友生命保険 10億円 0.931% 2034年10月31日
みずほ信託銀行 40億円 変動金利* 2022年11月1日 2034年11月1日
  1. ホーム
  2. 環境(Environment)への取り組み
  3. グリーンファイナンス
年度 活用者一人あたり
平均補助額
従業員一人あたりの平均時間 従業員一人あたりの平均日数
2019 65,276円 - -
2020 71,656円 - -
2021 82,362円 15時間 19日